賃貸物件に駐輪場がない場合の対処方法

お部屋を探している方へ
Pocket

どうも、SOです!

賃貸物件によっては、駐輪場が備わっていない場合があります。

そこで、どうすれば駐輪場を置くことが出来るか、その方法を一緒に考えてみたいと思います。

➀内覧時に仲介会社から自転車が置ける場所を確認してもらう

タイミングとしては、これが最も間違いありません。

アパートなどの場合には、外階段の下などに置かれていることがあります。

その様な共有部で他の入居者の邪魔にならない場所を指定されれば、そこに停めてよくなります。

➁明らかに使われていない自転車が邪魔で置けない場合

完全に数年は放置されているであろう自転車が、どんな賃貸物件にも数台はあります。今、仮に無かったとしても発生することがあります。

・前まで使っていたので持ってきたけど結局乗らなくなった

・乗るつもりで買ったたけど結局乗らない

・引っ越すときに邪魔になるのでそのまま置いていった

などの要因により放置自転車は賃貸物件にはつきものです。

この撤去はとても手間ですが、手順を踏めば割とスムーズに解決します。

➀放置自転車の防犯登録番号を確認する

シールが自転車のどこかに貼られていればその都道府県名と番号を控えましょう。

貼られていない場合には貼られていなくても大丈夫です。

➁番号又は放置自転車と思われる台数を管理会社か大家さんに伝える

放置自転車が邪魔で困っていることを添えて、その自転車の所有者が現在の賃貸物件の中にいるか否か確認してもらいます。通常、2週間~1カ月の間に名乗り出なかった場合撤去します。費用は当然貸主負担となります。※仮に以前住んでいた人間が置いていったものであることが判明した場合には取りに来てもらうようになるかもしれません。

③絶対に共有部に置くことが認められない場合

そうなれば、室内(専有部)に置くしかありません。自転車を室内に運び込んだ際に床や壁などを傷つけないよう、充分にご注意ください。

室内用のスタンドなどがありますので、この様なものを買い求めてもいいかもしれません。

駐輪場が仮にあったとしても、高額な自転車の場合にはこの様なアイテムを使いながら室内で管理す方がいい場合もありそうですね。

また、自転車を室内に置くことにより、荷物が置きにくくなった場合には、より広い部屋へ引っ越すか、荷物だけを他のところに保管しておく方法も一つですね。

<レンタルボックス>を自宅周辺で探す

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました