賃貸物件を借りるときに加入義務のある保険

お部屋を探している方へ
Pocket

どうも、SOです!

賃貸物件を借りるときには保険に入ることを求められます。
私も、賃貸管理会社で働くまで、その中身について、よく理解していませんでした。
他の記事などにも『火災保険』などという表記がありますが、正確ではありません。

どういう義務が発生し、何を守るためにどの保険に入るべきなのか、判断基準をお伝えします。

➀借家人賠償責任保険

これは、アパートを借りているときに、建物にダメージを与えてしまった場合の保険です。
例➀:洗濯機のホースが外れ、下の階へ漏水し、下の部屋の壁紙やボードを濡らし、工事が必要になった。
例➁:料理中に火災を起こし、部屋を焼失させてしまった。

ときなど、借主の立場として、支払い義務が発生してしまうような事態に備えるための保険です。
これが、賃貸借契約を結ぶ際には必ず求められます。
保険金はおよそ1000万円~2000万円です。

しかし、これはあくまでも主契約にはなりません。

➁家財保険

これは賃借物件内に持ち込む家財道具に対する補償になります。この保証金額はだいたい200万円から1000万円程度となり、基本的には借主が自由に決められるものです。この、家財保険というものが主契約となり、その附帯保証として上記の借家人賠償責任保険がセットで付きます。
なので、借りる方は基本的に持ち込まれる家財道具のおおよその費用を決めることにより、加入する借家人賠償責任付家財保険の保険料が決まります。

③どこで入ることになるのか?

ほとんどの場合が賃貸物件を仲介している不動産会社がその手の保険の代理店になっているので、そこで加入することが多いです。

④入らなかった場合はどうなるのか?

何かを起こしてしまった場合、基本的には借主の方の全額自己負担で対応することになってしまいます。

あまりにも悲劇的なことなので、必ず入るようにしましょう。
この家財保険を取り扱う保険会社も優勝劣敗が進み、その中で更に保険金も少しずつ高くなっているようにも感じます。

目安としておおよそ、2年間で20000円前後が現時点での相場です。

この金額で安心が買えると思えば安いです。
物件によっては、全額貸主がその費用を負担するものも出てきています。

一番気を付けなければならないのは、更新作業です。

1年契約ならば1年後、2年契約ならば2年後に合わせて保険更新の案内通知が届きます。
忘れずに更新なさってください!

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました