賃貸物件での自由化電気の選択肢

お部屋を探している方へ
Pocket

どうも、SOです!

日本では2016年4月1日から電力小売完全自由化となりました。それまでは、北海道電力東北電力東京電力北陸電力中部電力関西電力中国電力四国電力九州電力沖縄電力などの大手電力会社との契約しか選択肢がありませんでした。私は、自由化直後から大手電力会社以外のところと契約をしております。

賃貸不動産の場合にセット割引が効きにくい電力販売会社

今や、携帯通信会社、ガソリン販売会社など複数の選択肢が消費者には用意されています。ご自分のライフスタイルやまとめ易いものに切り替えていった方が、毎月の電気料金が安くなります。しかし、一点だけ注意するべき点は、ガス会社との併用プランです。

入居している物件のガス会社が電気割引も行っている場合にはそれがお得になるケースもありますが、2世帯以上の集合住宅の場合、供給しているガス会社自体を借主の意思で変更することはまず出来ません。現在設備として設置されているガス管・給湯器などのガス器具もガス会社がオーナーに貸し付けていることがほとんどです。自由化の波に乗って電力販売会社を変更するときには、プロパンガスでも都市ガスであったとしてもそこは変更が出来ないことを前提に探しましょう。

電力販売会社を変えると何が変わるの?

使用電力量を計測するメーターが変わります。その為に少し期間を要します。そこから新電力からの供給開始となりますで、ウェブなどで申し込んだ直後から変わる訳ではありません。変更希望先が決まりましたら早めに連絡しましょう。その際に支払い方法などを確認されますが、カード決済のみが支払い条件になる場合があります。
【ゼビオカード】

電力を変えるために必要な情報

契約先の住所や部屋番号に加えて、供給地点特定番号やお客様番号が必要になる場合があります。既に大手電力会社との契約と供給がお済みの場合には検針票などで確認してください。分からなければ各大手電力会社に電話で確認しましょう。

どこに変えればいいの?

私はずっとLOOOPでんきというところと契約しておりますが、それがあなたにとってベストなのかは分かりません。

下記のような比較サイトで一番安いかどうか確認されることをおススメします!
お客様のご希望に合った電気料金削減プランを無料でご提案!【電気チョイス】

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました