賃貸物件でカビが生えてしまった場合の費用負担

お部屋を探している方へ
Pocket

とある物件の退去立ち合いの当日、借主の方から電話で「床からソファからカビだらけなんだけど、そっちで金払うんだよな?」と強い口調で言われたことがあります。

「その辺も含めて立ち合い時に確認致しますが、物件そのものが原因とならない場合にはお支払いすることは出来ません」と答えました。

結果的には、クッションフロア素材の床に関しては、拭き取って消せる程度のカビだったため問題ありませんでした。また、ソファに関しては借主の方の責任で対応されることになりました。

カビに関しては、基本的に善管注意義務の範疇となるケースが多いです。

善管注意義務とは

入居後からは借主さんが室内の注意義務を果たす責任者となります。難しい言葉ですね。簡単に言うと、室内で起こったことは基本的に借りた人のせいになります。
カビのことで言うと、清掃や換気などを怠ったことによりカビを発生させる原因を作ったのは入居者の責任になるということです。

例外的にオーナーに責任を問える場合

しっかりと日々清掃や換気をしっかりと行ってもカビが発生してしまう場合です。しかし、それを退去時に伝えたとしても疑われてしまう可能性があります。明らかに異様な状況だった場合には、管理会社やオーナーに退去前に伝えましょう。特に、お隣などの同一建物の別の部屋でも同じ様な症状が出て止まらなかった場合には、物件に瑕疵がある可能性があります。

契約書等を確認しないとマズい場合

寒冷地で割とあるケースが、カビの発生を見越してか石油式ファンヒーターの使用禁止条項です。

灯油を燃やすタイプのこの様なストーブを室内で使うと、寒暖差により湿気が窓から零れ落ちる程発生してしまうことがあります。火災発生の原因を取り除く為に契約に盛り込まれていることがありますが、カビを防ぐためという場合もあります。石油ストーブに慣れるとエアコンのみでは寒くて仕方なく感じてしまうかもしれませんが、契約書上うたいこまれてしまっている場合には使わない方がいいです。モロに善管注意義務違反とみなされます。

最も重要なのは日々の維持管理

カビが発生すると、冒頭の例の様に、持ち込まれた家財道具までにもカビが生えてしまうこともあります。換気や清掃を小まめに行い、快適な賃貸生活を送りましょう!

除湿剤・乾燥剤Amazon売れ筋ランキング

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました