アパートやマンションなどの賃貸物件に住んだ場合の寒さ対策

お部屋を探している方へ
Pocket

どうも、SOです!

エアコンだけではとても寒い場合があります。かと言って、灯油ストーブが禁止されている場合があります。そもそも灯油を運ぶのも手間であったりして困りますね。直近は東北地方を転々としている私が考える最短の暖房方法をお伝えします。

窓にプチプチを貼ったり剥がしたりもしましたが、ここは手間の割に効果が感じられなかったのであえておススメしません。個人的に一番強力だなと感じたのは、

長め、厚めのカーテンです!

レールが2連のときには、当然レースのカーテンを付けますが、とにかく、メインのカーテンを選ぶときに長め、厚めのカーテンを使用すると、寒気を止めるのに効果的です!

寒くて仕方ない場合には、長さに関しては、レールの上部から床ギリギリまでのものを選ぶことをおススメします。そんなことでかなり室内の暖房効果が高まります!

これに関しては、どこまでやるかですが、徹底していけば効果が得やすいです。

・ラグ又はカーペット

・電気カーペット

・こたつ

特に一人暮らしで冬に帰宅したときに暖房が入っていないときの寒さたるや、精神的にも堪えます。せめて床にカーペットが敷かれていると、寒さが和らぎます。その上に更に電気カーペットを敷きその上にこたつを載せ、エアコンを付ければかなり寒さは凌げると思います。

電気料金が気になる方はこちらの記事も参考になさってみてください。
賃貸物件でも自由化電気はどこで契約してもいいの?

仕切り

部屋を暖めるとは、熱効率を上げていくことになります。玄関から寝室、リビング全てを温かくしたい場合には、床暖房付きのお部屋を探しましょう!地方都市ではほとんど見かけたことがありません。そして、予算的に厳しく、上記対策だけでは寒いという場合には、温める必要のあるエリアを狭めましょう。

こちらで『間仕切り アコーディオン 突っ張り式』などと検索すると、賃貸物件でも使える突っ張り棒式のアコーディオンの間仕切りなどが出てきます。温める必要性が薄いエリアとの間に使えそうなものがあれば、設置してみることをおススメします。

石油式ヒーターの使用の制限

石油式ヒーターが使えればエアコンよりとても強い暖房効果が得られますが、物件によっては契約上制限されてしまっている場合もあります。もし使用制限がなかった場合でも、結露発生に伴うカビの発生にご注意ください。

カビが気になる方はこちらの記事もご参照ください。
賃貸物件でカビが生えてしまった場合の費用負担はどうなる?
読まれた方がより温かく快適な生活を送れますように!では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました