必要?お部屋を借りるときの保証人

お部屋を探している方へ
Pocket

保証人をお願いするのはなかなか気が引けますよね。頼む相手も選ばなければなりませんし、お願いしても引き受けてくれるかどうか、分かりません。

お部屋を借りるときに求められるのは保証人ではなく、連帯保証人

お部屋を借りると家賃が発生します。その支払いが滞ったときに、保証人という立場だった場合、自分もお金が無いので払えませんということを証明できれば肩代わりする義務が無くなります。それでは、契約上保証にならなくなるので、賃貸借契約上求められるのは、保証人ではなく連帯保証人です。

連帯保証人は、借りる人と同じ責任を負います。滞納した場合には大家さんはダイレクトに連帯保証人に取り立てることが可能になります。非常に重い責任を負うことになります。

誰に連帯保証人を頼むのか?

基本的に誰でもいいという訳にはいきません。現実的に滞納が発生し、その支払いを督促しても、もうあの人とは関係ありませんので、というスタンスを取られると裁判にまで持ち込む必要が出てきてしまいます。なので、基本的には親御さん、兄弟姉妹などの近しい親類がいればその人になってもらうように頼まれます。また、仮にお亡くなりになってしまった場合などに備えて、身元引受人としての立場も兼ねることになります。それまで使っていた家財道具などを引き上げる役目も果たす必要があります。

現実的には連帯保証人を求められるケースは減少傾向にある

私が大家さんから管理業務を請け負った場合の新たな賃貸借契約に関しては、連帯保証人ではなく保証会社の審査と契約を前提としていました。

理由:連帯保証人ではいざというときに役に立たないから

です。仮に近親者が連帯保証人になっていた場合であったとしてもタイムリーに対応してくれるとは限りません。その点、保証会社の場合には、借主さんが滞ったとしても代わりに立て替えて家賃を支払い、そのまま督促も致します。大家さんからするととても安心できるシステムとなっています。長年賃貸経営をしていれば、滞納で泣かせられた経験を持っている場合があります。特に、知り合いに部屋を貸した場合などは苦労されていることが多いです。代わりに、保証会社の審査と契約が賃貸借契約の条件になる部屋が増えています。

保証会社に頼むにはどうすればいいの?

気に入った物件がどの様な条件になるかは様々です。その不動産会社やオーナーによって保証会社か否か、どこの保証会社を指定されるのか分かりません。また、保証会社との契約が前提になるにも関わらず、保証会社との条件で連帯保証人を頼まれるケースもあります。詳しくは下記記事もご覧になってみてください。
保証会社の審査基準

家賃部分は保証会社がカバーできたとしても、万が一の際の緊急連絡先だけはどうしても親類を立てざるを得ない場合があります。その際に保証会社が家賃を取り立てようとしても、緊急連絡先はあくまでも緊急連絡先でしかないので、支払いの義務は発生しません。

物件によって条件は様々です。気になる物件があった場合には、まずはメールなどで借りる場合の条件を尋ねてみてもいいかもしれません。


では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました