賃貸物件の共益費・管理費の本当意味

お部屋を探している方へ
Pocket

毎月何にこんなにお金がかかっているのか?家賃のみで住める物件の方が得ではないかと感じてしまいます。

そこで、こうなっているカラクリを解説します。

集客のための大家さんの初歩的戦略

全く同じお部屋の入居者を募集するときに、

賃料60000円 共益費込みの物件と

賃料57000円 共益費3000円の物件では、借主が負担する費用は全く同じですが、

入居者を募集する際の反響数に差が出ます。

今やほとんどがネットの情報によって物件が探されることが多いです。

検索条件の中に家賃の安い順番で並び替えられる機能があります。

確実に60000円よりも57000円にしておいた方が目に留まる可能性が高まります。

そもそも、ネットだけでなく雑誌などの紙媒体であったとしても、賃料と共益費や管理費というのは、数字の表記の大きさが完全に異なります。賃料だけが大きく目立っています。

なので、実質のオーナーの実質の収入も借主の負担も全く変わらないのですが、この様な設定になっていることが多いです。

共益費管理費がかからない物件は得なのか?

何一つ変わりません。共益費管理費を払っていないからと言って、共用灯が切れているのを放っておくようなことにはなりません。

逆に、共益費管理費がいくらになっていようが、それで余計に設けているようなこともありません。

賃貸物件の運営には当然ながら屋根や壁や室内の設備などをオーナー負担で修理せざるを得ない状況も起こります。極力、毎月の家賃収入の中からその原資を集める必要があります。

これだけの情報化社会になると、一つの物件の大家さんががめつく儲けることなどあり得ません。無数に近いほど存在している賃貸物件の大家さん同士で、いかに早く満室にするかの競争になっているエリアが全国で増えています。

そこで生まれる相場によって家賃や共益費などの設定は変化し続けます。

震災後の福島県などの様に、特殊な需要があった場合には一時的に家賃が上がることもありますが、基本的には、物件は毎日古くなり、近くに新たな物件が出来ればより競争が生まれ、少しずつ家賃は下がり続けます。

そこで、入居者募集促進のために、いきなり値下げを行う前に、

60000円だったところを57000円+3000円に変えて募集してみようかと決めて行って生まれたのが共益費や管理費というものになりますので、損も得もありません。

情報化社会の中で逆に分かりにくくなってしまったのかもしれません。

実質的に良い物件を探したい方にはこちらの記事もおすすめします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました