会社から家賃補助が出る人のための家賃・共益費・駐車場に関する基礎知識(法人契約)

お部屋を探している方へ
Pocket

どうも、SOです!

全く数え切れないほど、転勤者のお部屋探しをお手伝い(法人契約を)させていただきました。所属されている法人さんによって、○○㎡以下、〇〇LDK以下、定額○○万円までなどの条件があります。今回は、非常に多くの団体が採用している、家賃の○○%が法人負担になる場合に役に立つ情報をお届けします。※どの物件でも全額法人負担に出来る方にはお役に立たない内容です。

先日、転勤を予定している友人から『いい物件が見学前に無くなっちゃってさぁ』と相談を受けました。私が友人のいい物件の条件を尋ねると『共益費とか駐車場代が掛からない物件なんだよね』その理由を尋ねると『家賃にしか補助が効かないから』と言っていました。私は、少し驚いてしまいました。何故ならば、ほとんどの場合、家賃に共益費と駐車場代をまとめることが出来るからです!!体感的に9割以上の慣れた転勤の方々は、部屋を決めきる前から『家賃に共益費と駐車場代をまとめられますか?』と尋ねられます。

そもそも共益費や管理費の建前上の存在意義は共用灯などの共有部の維持管理費です。
家主や仲介業者から見たときの共益費・管理費の意味は家賃を安く見せるための工夫の証です。

例えば、駐車場代1台込で60000円のお部屋があった場合、
家賃=60000円
となります。
しかし、共益費を分けて表記すると
家賃=58000円
共益費=2000円
合計=60000円
などと表記することになります。

そして、サイト、雑誌など問わず、基本的には家賃のみが大きく表記されていることが多いため、共益費を分けた方が安く思ってもらえる可能性が高まります。
また、ポータルサイトなどで50000円代で検索をかけている人に、60000円の状態ではその物件情報は発見されません。しかし、家賃58000円共益費2000円とするだけで検索される可能性が高まります。
更に、
駐車場1台=5000円とした場合
家賃=53000円
共益費=2000円
駐車場1台=5000円
合計=60000円

となり、何故か同じお部屋でも安く感じます。また、敷金や礼金はあくまでも家賃の1カ月分などと設定されることが多いため、分けられた方が実質の初期費用が安くなる場合もあります。
しかし、実際に借りる人からすると、月々の支払いの総額は全く変わりません。
そして、大家さんからしても受け取る金額は全く変わりません。

この理由だけで家賃と共益費などが分かれて表記されていた場合、割とあっさりと家賃にまとまる可能性が高いです。

注意事項

作為的に共益費や駐車場を家賃にまとめることに関して、厳格に認めない法人さんも存在します。また、家賃にまとめるお願いをしても、管理会社や大家さんの意向により、断られる場合もあります。

家賃に共益費などが含まれていないという理由だけで気になる物件を除外することは勿体ないです!
確認や交渉はやるだけやってみましょう!

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました