賃貸物件内覧時のチェックポイント

お部屋を探している方へ
Pocket

どうも、SOです!

賃貸物件を内覧する際のチェックポイントをお伝えします。

➀室外

・ゴミ置き場の場所
・駐車場の位置

特に、物件敷地内に駐車場が無い場合、近隣の月極駐車場が他の管理会社だった場合、その物件担当がやらないことがほとんどです。地方の安いところで数千円の仲介手数料のために、2社で割って仲介することなどあり得ません。お部屋の審査中に、必ず気に入った駐車場の管理会社へ出向き、申込を行ってください。

➁室内

・家具の配置イメージ
・物件情報との違い(設備)

これらの中に、どうしても困る点があれば借りることを止めましょう。
しかし、ここまで辿り着いている時点で、気に入っているから現地まで行かれていると思います。
リフォーム完了後の予定の情報と現地が違う場合などは、しっかりと確認をしておきましょう。

③借りたいけど満室のため内覧できない方へ

お部屋は、自分の目で確かめたいですよね?
しかし、空いている物件というのは、逆に言うと人気の無い物件です。
更に、満室が続く場合、代わりにその部屋の写真を不動産会社が撮れていないこともあります。
それは、中を見れなくても借りるべきです!
迷っている間に他の人に取られます。

④室内物干しの普及にご協力ください

ネットの記事でも書きましたが、オーナーは借主の気持ちを知りません。

10回ほど引っ越してきましたが、ベランダで洗濯物を干しても窓や手すりに干したものがぶつかって汚れるだけです。その場で付かなくても、不動産会社で
・室内物干しが出来る物件はありますか?
と尋ねてみてください。やる気のある不動産会社はその声をお部屋に反映されるよう、努力する場合もあります。

⑤布団は干しにくい場合がほとんどです

皆さんの実家では布団はどう干していましたか?
うちはやたらと親がベランダで干していました。
高層階のマンションでは布団を外で干すことは禁止されていることが多いです。
④の通り、仮に干せても汚れるリスクがあります。
そんなときには、布団乾燥機がおすすめです。
数千円でふかふかになります。

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました