店舗ビルオーナー必見!家賃支払い猶予法案会見コメント

コロナ関連情報
Pocket

2020年4月20日午後に行われた、国民民主党玉木氏の会見の中での、家賃支払い猶予法案について言及した冒頭のコメント部分を文字に起こしました。

「緊急事態宣言発令後、1週間。人出の減少率は6割と目標未達成。緊急事態措置を実効あらしめるための新たな法案を国民民主党として準備中。今週中にはまとめたい!」 国民民主党 玉木雄一郎代表 定例会見

以下全文

当面急ぐのはですね、家賃の支払いだと思います。これも今、色んな声がですね私のところへ届いていますけれども、最大の固定費である家賃がですね、払えないと、で、国交省は大家さんや不動産オーナーに対して家賃の支払いの猶予をですね、要請をしましたけれども、大家さん達も大変なので、簡単に猶予できないということで、にらみあってますので、我々としては、まあいわゆる家賃支払い猶予法、家賃支払いモラトリアム法案というものを既に政庁に指示をして、法案化の作業を今進めておりますので。これもですね、先ほど申し上げました緊急事態措置の実行を確保する法案と共にですね、早急に法案化をして、他党にも呼び掛けていきたいと思います。

この家賃モラトリアム法案についてはですね、ちょうど同じころに大阪府の吉村知事がですね、西村大臣に対して、その7知事の合同会議の中で、3カ月家賃のモラトリアムを要請要求をしましたので、維新のみなさんからもですね、松井知事や馬場幹事長などからツイッターなどを通じて、賛成するという意向も寄せられておりますので、是非これはあの、幅広い与野党の合意を得て、出来れば委員長提案ででも速やかに成立させていきたい。私たちに具体的な案を持っていますので、本当に困っている、特に飲食のですね、方々で家賃が払えないと、廃業せざるを得ないという悲痛な声が沢山届いていますので。そこに速やかに応える制度をご提案していきたい、実現していきたいと思います。

 以上

現段階で国交省はオーナーに対する減額などの要請しかしていない

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、飲食店等のテナントの賃料の支払いについて柔軟な措置の実施を検討するよう要請しました

これはあくまでも、不動産オーナーに対する単なる要請でしかありません。

更に言えば、その要請に従い、飲食店さんなどからの家賃を減額した、滞納に応じるということだけをやっても、その善意を示した不動産オーナーさんが苦しむことになります。

借り入れを起こして不動産賃貸経営をされている方も多数おられることかと思います。その上で、そのローンの返済、固定資産税の支払い、火災保険の支払い、光熱費の支払い、メンテナンス費用などなど、不動産オーナーは家賃だけをただ収受しているわけではなく、その店舗を貸すにもお金がかかっている訳です。

ならば、その辺の不動産オーナーが払い続けている支払いにも猶予をもらえないと、飲食店だけが潰れるのではなく、オーナーも潰れてしまいます。

会見では『にらみあい』という言葉が使われていました。

実際に、何の措置も講じなければ、シンプルに解約になり、オーナーの収入はゼロになるだけです。

このご時世ですぐにその場所借りて始められる商売があるのでしょうか?

私は、にらみあいというより、一蓮托生、共倒れ防止というニュアンスで関係性を捉えておいた方が、角が立たず、協力し合えると思います。

どの様な法案になるのか?

今回の会見では、その詳細までは明らかにされていません。

飲食店さんなどが通常払うべき家賃を減額した、支払いを猶予したオーナー側も救うための法案になることは間違いないと思います。

猶予で間に合うのか?

猶予とは

  1. ぐずぐず引き延ばして、決定・実行しないこと。「もはや一刻の猶予も許されない」「猶予している場合ではない」
  2. 実行の日時を延ばすこと。「返済を一か月間猶予する」「執行猶予」

出典:goo時点

つまり、言葉通りであれば、滞納家賃の返済期間を先延ばしにすることになりそうです。

確かに、財源が無限にある訳ではありません。

飲食店などの売上が激減し、家賃の支払いで困るというのは、会見の通りです。しかし、単なる先延ばしであれば、再開後はその家賃を結局は売上の中から払うことになります。

今後のコロナの拡大、終息状況によっては、異なった法案などが各党から出される可能性もあります。また、この期間の延長なども大いにありえると思います。

しかし、単なる延長ではなく、思い切って、支給するということが大事ではないかと思います。

少なからず不動産オーナーが納めている固定資産税都市計画税の免除ならば、支給と同じ意味を持ちます。これくらいは、もう正式発表していても遅いくらいではないでしょうか。

私は、この法案を骨子としつつ、オーナー、飲食店等店子さんが、長期間安心できる施策が打ち出され、一刻も早くコロナが終息に向かうことを祈っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました