賃貸不動産の入居後の相談窓口

お部屋を探している方へ
Pocket

どうも、SOです!

ネット上の賃貸物件情報の掲載と仲介業者はセットになっておりますが、
仲介業者が必ずしも管理会社であるとは限りません。
管理の窓口がどこになるかのパターンは下記の3パターンです

仲介業者=管理業者

この場合には、入居後も仲介業者が相談窓口になります。

※業者の目線をお伝えすると、売買物件に比べて手数料が安く、広告宣伝費が重たい賃貸不動産の仲介の場合、首都圏を除き、賃料が安すぎてあまり儲かりません。賃貸をメインに考える不動産会社の場合には管理物件の獲得に動きます。オーナーさんからしても、管理だけを頼むというより、早く入居者を見つけてくれる業者に任せたいというのが本音です。

管理業者≠仲介業者

この場合には、入居までは仲介業者が大家さんとの間に入ってくれますが、入居後は管理業者に問い合わせることになります。

管理会社は、基本的に大手のところがおすすめです。私が言う大手とは、大手メーカーのことだけではありません。地元で管理戸数の多い会社のことです。クレームの多い大変な仕事であるため、多い戸数を管理するためにはそれなりにシステムを構築する必要があり、洗練されてもいきます。売買の片手間で管理をしているような業者の管理は頼りないことがあります。

大家さん自主管理

仲介だけを不動産会社に委託し、入居後の管理は大家さん自らが行っている場合には、トラブル等の相談は不動産会社ではなく、大家さんに直接相談することになります。

大家さんの自主管理は当たりハズレがあります。私が上京して初めて借りたアパートは、学生課から紹介された物件で、大家さんが自主管理していました。見た目は広く、新しかったですが、大工をやっていた大家さんが建てたものでしたが、劣悪極まりない部屋でした。隣の音はレオパレス以上に響き、下が駐車場で、冬は外と変わらない程寒かったです。入居してからでなければ分からないことがあります。良さそうな部屋と良い部屋の違いは間違いなくあります。

時間の許す限り、ネット情報を検索しましょう。
そして、厳選した2~3か所を見学なさってください。

内覧時には、この記事に書いていることの他に、管理業務を行う会社の情報も尋ねてみてください。

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました