賃貸物件の原状回復(タバコ)

お部屋を探している方へ
Pocket

どうも、SOです!

タバコを賃貸で借りている部屋で吸った場合、退去時にいくら、どの様に請求される可能性があるのかについて書きます。

そもそもタバコをお部屋で吸ってもいいですか?

それは、基本的に借主さんの自由です。どうぞ、吸ってください。
かし、過去に喫煙者の退去清算で揉めた大家さんの場合には、
喫煙者契約厳禁】とまで厳しく入居時から提示されている物件もあります。
借りた後はタバコを吸ってもバレないのでは?
と思われるかもしれませんが、賃貸借契約上記載がある場合には、バレれば退去を迫られる可能性があります。
逆に、重要事項説明、賃貸借契約に喫煙を禁じる条項が無い限り吸うのは借主さんの自由です。

タバコを吸っていいのならば、退去時に請求されるのはおかしいのでは?

これは、全ての用途、部屋に対するダメージに共通することですが、
借主の使い方によって、部屋の各設備等の寿命が短くなったときには退去時に請求されてしまう可能性があります。

➀床にタバコの火による焦げ跡

床がフローリング、クッションフロア、カーペット、畳などの場合によって対応が異なりますが、
全ての点で共通することは、タバコの焦げ跡が付いたことにより、次に他の人に貸す際に直す必要があるか否かが請求の判断基準となります。
また、施工上、更にはその素材そのものが『廃版になってしまっていることにより、全面的に貼り替えなければならない』ということになってしまった場合には、高額請求を求められてしまう可能性があります。

➁壁紙クロスのタバコのヤニによる黄ばみ

これは、アハ動画的に、自分でも他人でも全く気付かない範囲で少しずつ吸えば吸うほど変色します。部屋の全ての壁紙がほんの少し変色していれば、請求されないかもしれません。
しかし、室内でも、例えば収納の内部などで吸ってヤニが付くことは少ないと思います。
その辺のまっさらな壁紙と比較すると、意外と黄ばんでしまっているように見られてしまいます。
また、➀の床と全くおなじですが、施工上、更にはその素材そのものが『廃版になってしまっていることにより、全面的に貼り替えなければならない』ということになってしまった場合には、高額請求を求められてしまう可能性があります。

③タバコは実質吸えない?

燃焼式タバコを室内で吸う場合には、原状回復を意識するべきです。
つまり、タバコによって次の借主のために貼り換えを要するか否かが大きなポイントとなります。
どこで吸ったとしても、何か請求される可能性は有り得ます。
しかし、どうしても吸いたい場合には、ベタですが、

換気扇の下で吸うようにしましょう

しかし、部屋の作りの中で、広めのLDKのカウンターキッチンや1Rなどの、居室と換気扇の間に隔たりが無い場合、いくら換気扇で吸ったとしても換気扇に吸われきれなかった煙が居室内に広がってしまうこともあります。
そのようなタイプの部屋の室内で吸う場合には、
加熱式のタバコに変えましょう!

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました